あしたばの成分と効果

明日葉は日本人に最も適したスーパー野菜

生まれ育った土地の食べ物が健康にはいい

昔からよく、「一里四方のものを食べると体にいい」といわれてきた。

一里といえば約4キロメートル。

かなり小さな空間だ。

こんなに狭い地域のものを食べていればいいとは、どういう理由からなのだろうか。

今のようにいろいろなものを、季節に関係なく食べることができるわれわれから考えると、それこそ、こんなに限られた地域の食べ物では、栄養が偏ってしまうのでは、と思ってしまう。

しかし、かつては、自然が豊かにあり、山や川、あるいは海からいろいろなものが採取できたことを考えると、ひょっとしたら今以上に季節感タップリの、そしてなによりも新鮮なものを食べていたのかもしれない。

食べ物の保存の技術がそれほどなかったので、遠くから食べ物を運んできても、食べるころには腐ってしまう。

したがって、一里四方ということになったのかもしれないが、自分の住んでいる場所の食べ物が、健康には一番あっているということも、同時に知っていたのかもしれない。

昔は一里四方にさまざまな食べ物があったと思われる。

農業も今のように画一化されていないので、穀物から野菜まで、ずいぶんいろいろなものを食べていたに違いない。

野菜だけでなく、動物性タンパク質もそうだ。わざわざ遠くから運んでこなくても、近くの川にはアユや鮭、うなぎといったものが泳いでいただろうし、サワガニだっていたかもしれない。

野にいけば、野ウサギ、イノシシ、シカ、などが重要なタンパク源として捕獲されていたかもしれない。

こう考えてみると、一里四方とはいえ、身体に必要なものは充分に備えていたように思われる。

そして、ここからが重要な点なのだが、人間自身もその土地で生まれ育っているということだ。

つまり、食べる者と食べられる物とが、同じ環境の中で育っているということである。

今では滅多に聞かれなくなったが、他の土地へ旅行する場合、必ず年配者から、「水には気をつけるように」とアドバイスされたものである。

水が変わっただけで、身体の調子を崩すことが多く、そうした教訓から生まれた言葉であるが、このことは、生まれ育った土地とは違う土地(風土といっていいかも知れない)へ行く場合は、食べ物、水が健康にあわない、ということを意味している。

同じ植物でも、育つ土地によって微妙に固体差が生じる。

動物だってそうだ。

ましてや人間も動物の一種、例外であるはずがない。

先祖代々そこで育ってきたのだから、その土地にあった体にできあがっているのだ。

見知らぬ土地からやってくるおかしな食べ物は、なるべくならば口にしないほうが、体のためにはいいのだ。

ところが、現代では一里四方どころか、地球の反対側からも食べ物がやってくる時代だ。

地球上のありとあらゆるものを、食べることができる時代になっている。しかも、季節に関係なく、いつでも食べられる。

さきほど、食生活をはじめとする環境の悪化がアレルギーとも関係しているのではないか、と述べたが、アレルギーというのは、異種タンパク質に対する体の免疫反応のひとつであることを考えると、はるか遠くの、日本人とはまったく関係のなかった食べ物が急に、しかも大量に体に吸収されてしまった結果とも考えられないだろうか。

日本人は日本で育った食べ物があっている

自分の身近な一里四方で採取された食べ物と、地球のどこか知らないところで収穫された物と、どちらが安心感があるだろうか。

どこで、誰が、いつ収穫し、どういうルートできたのか、ということが一里四方ならば見えてくるし、収穫するほうにしても、食べる人間の顔が見えるわけだから、自ずとその食べ物に対して、強い責任感が生まれてくる。

近年、生産者と消費者が直接やりとりする販売方法が流行しているが、その発想の原点には「一里四方」の思想があるように思われる。

さて、こう考えてみると、日本人は日本で育った食べ物が一番適している、ということがいえそうだ。

一里四方というのは、さすがに今日ではむずかしい。

せめて、日本の風土で育った食べ物、ということになろうか。

いろいろ候補はあがるだろうが、やはり、筆頭候補となると、ここは明日葉ということになろうか。

なにしろ、明日葉は日本が原産地なのである。

しかも、島国である日本の、そのまた島である八丈島が原産地とは、うれしいではないか。

さらに、この島は歴史的に、ときの権力者から疎まれた人々が流された場所でもあり、そうした不遇をかこった人々を、明日葉は支えてきたのである。こういう歴史的な背景も、実にいい。

そして、先程の一里四方の思想ではないが、八丈島は一里四方以上に大きいが、かぎられた土地の物を食べるということには違いない。

明日葉が、かぎられた土地の中の食べ物として、実際に多くの人々の健康維持に役立っていることは、明日葉そのものが一里四方の思想の実践家でもあるということを意味している。

くどくど述べてしまったが、要するに日本人には明日葉が一番あっている、ということをいいたかったのである。

明日葉にはこんなにすばらしい成分が含まれている

明日葉がなぜあっているのか、実は成分にある。

明日葉がなぜ、体にいいのかを詳しく紹介する前に、明日葉の栄養分について、まず述べてみたい。

まず、左の表を見ていただきたい。

これは、明日葉と、他のおなじみの野菜との栄養を比較したものだ。ざっと見てもらってもわかるとおり、明日葉は数々の栄養素をほとんど過不足なく含んでいる。

これが他の野菜となると、たとえば大根やタマネギはカロチンやビタミンAをほとんど含んでいなかったり、セロリやニンジンのビタミンCの含有量が意外に少なかったりしている。

こうして見ると、明日葉は実にバランスよくいろいろな成分を含んだ植物であることが、改めて理解していただけるのではないだろうか。

いわれるように、体にいい食べ物というのは、バランスが保たれたうえで、ある成分を極端に多く含んでいることが多いようだ。たとえば最近話題になっているベータカロチンはニンジンに多く含まれている。

このベータカロチン、成人病予防に効果があるということで、一躍脚光を浴びてしまい、そのために、ニンジンばかり食べる人がでてしまったという。

しかし、この表でもわかるとおり、ニンジンにはビタミンAやカ口チンこそ多く含まれているものの、ビタミンBやビタミンCはそれほど多くはないのだ。

成人病の予防には、こうしたビタミンBやCも大切なのに、ニンジンばかりたべるとそれが不足してしまい、かえって成人病を増長させてしまう結果にもなりかねないのである。

だいたい、最近の傾向を見てみると、体にいいとなるとがむしやらに、そればかりを食べてしまうようだ。

実に困ったことではある。

今までも述べてきたように、ひとつの栄養ばかりを極端に多くとったとしても、人間の体はバランの上で成り立っているのだから、せっかくとった栄養も、結局はムダになってしまうのだ。

ムダだけで終わってしまえばいいが、とりすぎた栄養のために、別の病気を誘発してしまうという最悪の事態も招きかねないのだ。

肝心なのはバランスであって、むやみな大量摂取は控えたほうがいいのである。

明日葉


八丈島産 明日葉

-あしたばの成分と効果